射手座と双子座 ダブルトランジット


先月29日からダブルトランジットが射手座と双子座に入った。

なんとも自由な雰囲気を感じる。

射手座のアシュタガヴァルガが強い私にとっては、楽しみでもある。

射手座は火のエレメントだけど、柔軟宮。

ぐいぐい一直線というよりも、様々な好奇心に向けて自由に満喫するような気配。

今、とても沢山のやることがある。

夫の仕事のこと、自分の仕事のこと、新しく進めること。

私自身パワーだけはあります。でも一点集中もしていられない。

あれもこれもやり、こなさないとならない。射手座らしいかも。

双子座。私のアシュタガヴァルガは平均点。

射手座と同じ柔軟宮。

ここでも色々と柔軟にこなすことが決められている時期かのよう。

水星支配なので、コミュニケーション的なものが発生することも予測される。

あとは双子座らしく、広く浅くなのも想像できる。

そのとおりに、人に会う機会が本当に多い。

自分から働きかけるのもあり、働きかけられるものもあり。

星座だけで見ても、ダブルトランジットの影響と思われる事象が目の前にある。

ここにハウスの意味を加味すると、私の場合だと今は、

現実的な働きと精神的な探求を同時にしていて、

どちらかだけに集中してもいないが、そんな時期になのだろう。

面白いのは、現実的にはやたらと忙しいが、それに相反するように、

内面は内にこもる部分もある。

自分でも最近一つに集中できないことを不思議に思ってはいた。

「そうか・・ダブルトランジットの影響だな」とそこで納得。

ただ、射手座と双子座に惑星の影響がそれほど大きくないので、

何か「重大なイベント事が起こる」とは考えにくい。

若干MDの土星が精神性の部分に絡むが、

内面だけに外的な要素で事が起こる可能性は低いと見ている。

他の惑星のトランジットとダシャーも見ると、別の事象は出てくると思うが、

単純にダブルトランジットだけでも、今の「雰囲気」は垣間見ることができる。

© 2020 by Rize-Partner.